読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カミカゼを照らせ

どっかのペイガンメタラー食人蛮族の話です

恋はいいから戦友をくれよ

 私は小学生くらいの頃、「恋愛なんて女の腐ったようなのがやるやつだぜ、まったく下らねえ。漢なら戦いに生きるもんだ」みたいな謎思想を抱いており、人間にもあまり興味がなかったために主にゲームや映画の戦うロボットやクリーチャーに大変テンションをブチ上げては、始終そのことばかり考えているようなやつだった。その謎思想は高校の終盤くらいまで続いて、そこでヘヴィメタルにハマってメタル界隈の薄汚れた野郎たちを眺めている内に「あれ?男ってカッコいいな?」みたいな気付きを得て、ようやく恋愛に興味を持つようになった。まあそれも今では色々と通り越して「もう面倒なことはいいからヒゲロン毛マッチョとヤらせろや」になってしまった訳だが。結局性欲はブチ上がって男にはハマったが、恋愛にはハマらなかったのである。だってめんどくさいし。なんなのあの駆け引きみたいなやつ、そんな面倒なことやめて「ヤりたいのか?ヤりたくないのか?」「Yes/No」で決まってくれよ。それしかねえよ。え?人間関係はそれだけじゃないって?では「素晴らしい人間関係」とは何か。それは、「漢なら同胞と共に戦いに生きるもんだ」ということである。…何の事はない、小学生に戻ったのだった。

 

 Roughnecks: Starship Troopers Chroniclesを久々に見た。四枚組DVDBOXを持っていて、多分小学か中学の間くらいによく見ていた。今見ると荒いアニメーションである。しかし、内容はやっぱり好きだった。

 

これは、基本的にはお気楽戦争アニメ(?)である。いや、仲間が病院送りになったりもするのだが、あまり悲惨なことにはならない。お約束のように厄介な敵や鼻持ちならない上官との対立はあるが、あくまでアメリカ的というのか、仲間たちは最後には全員で困難を乗り越える大楕円が待っている(少なくともこの四つのシリーズでは。この後に放送されたシーズンでは徐々に憂鬱な展開になっている)。こいつを久々に見て、何より良かったのは「仲間同士で裏切ったりは絶対にしない」ということである。「仲間」というのは同じ部隊の、レイザック隊長以下の戦友たちだ。彼らはくだらないことで隊員同士いがみ合ったりもするものの、奥底ではかたい絆で結ばれている。敵が戦いに葛藤を覚えたり、胸糞悪い取引を持ちかけてくるような人情味溢れる人々でなく、生まれながらの殺戮マシンみたいなエイリアンである、という単純さもあり、胃の痛くなるような政治的駆け引きや謀略、それによる登場人物の精神の摩耗もない。

 

 この生温い気持ちはおそらく、Vikingsシーズン3まで見て心が疲れてしまった反動なのだろう。あれの初期のRagnarとLagertha最オブ高で、もう姐さん抱いてって感じ(バーサーカーなら男でも女でも美味しく頂けますありがとうございました)。あれは素晴らしい人間関係の素晴らしい例でしたね。ところが3の終わり辺りまででもうぼくの心は陰謀と裏切り祭りの”やみ”にやられてしまったので、シーズン4の購入は気力が湧くまで無期限延期です。決して推しが死んだからではない。たぶん。おれはただ永遠に同胞たちが肩を並べて戦い運命を共にするのが見ていたいんだよ、まあそんなシナリオ全くウケないだろうけど。ああお気楽戦争映画がみたい。少なくとも身内が誰も裏切らないやつ。お気楽になりたい。

 

 ”恋愛”なんてどうでもいいーーつまり、世間一般でそう名付けられてるようなやつは。あれはほんとうにめんどうくさい駆け引きみたいなもので、もう言ったとおり、おれは裏切るのも裏切られるのも面倒くさくて、Vikingsみたいにお前が国家だというのならともかく、所詮一対一の付き合いのくせになにをいちいち陰謀なんぞ張り巡らせているのかと思う。お互いに手間が増えるだけじゃないか。あれが好きか、嫌いか、あれがほしい、こうしてくれ、いやだ、イエス、ヤー、ダー!少なくともそんなこと正直に言ってしまえばいいじゃないか。だいたい相手に正直であってほしいなら、まず自分がそうである他あるのか?どうしてお互いが敵みたいな真似をしなくてはならないのだろう、俺達はこのクソみたいな人生を共に戦い抜く戦友になりたいはずなのに。時には殴り合いになりそうなバカな軽口だって平気で叩き合い、しかしいざという時には相手のためにじぶんの命だって捨てて厭わないような…もちろんそんな尊い相手を手に入れるには、やはり自分が相手に捧げるに相応しいくらい尊い何者かでなければならないのだが、とにかくわたしはそいつをずっと探している。

 

 ちなみにその尊い相手がどうやってわかるかというと、顔です。なにしろ神が「お前の運命の相手は、顔がお前の超好みのはずだ」って言ってるからね!わはははは!